サントリー・エファージュの口コミ情報

サントリー・エファージュとは

50代以上になるとかなり肌の衰えを感じてきますよね。ハリがない肌はメイクをしていても楽しくなく、外出さえも億劫になる方がいらっしゃるでしょう。スキンケアは年齢に合わせたものを選びたいですが、年齢を重ねてくると自分の世代に合ったスキンケアラインが見つかりにくいでしょう。エファージュは50代以上の女性に向けたスキンケアです。年齢に合ったお肌のお手入れをして、肌のハリを感じてみませんか。

サントリー・エファージュの口コミ

50代以上の女性向けスキンケアというだけあって、口コミは40代以上の人が多いです。若い女性と比べると年齢肌は乾燥が気になりますので、ベタベタした感触と思いきや、サッパリした使用感で大丈夫かな?と感じる人もいらっしゃいます。しかし、サッパリしているのに肌への浸透が良くしっとりするという感想が多いですよ。保湿したいけれどべたつくのは嫌という人という方は多いですよね。肌の乾燥が気になるけれど使用感も重視したいという人は、試してみてはいかがでしょうか。洗顔料は弾力がある泡が簡単にできると口コミでも人気があります。年齢肌向けなので、50代や60代になって肌のことを諦めかけていた方も、エファージュを使って自信を取り戻した人が多いです。

 

お酒の会社の化粧品

 

サントリーエファージュは、通販限定で販売されているアンチエイジング化粧品です。お酒の会社の化粧品をつかって酔ったりしないのかと心配な向きもあるやもしれませんが、口コミでシニアを中心に支持を集めている状況です。

 

シニアが喜びそうな化粧品

 

サントリーエファージュの口コミをみると、サントリーエファージュは、カサカサ肌の改善などエイジングサインへのアプローチへの期待大であることが見て取れます。使用前・使用後で、お肌の調子に明らかに変化を感じ取っているようなのです。こちらにも詳細頁=エファージュ
使用者の年齢層は、60代、70代を中心で、若手の40代からの口コミもあります。年齢肌のケアが最大の関心事のようで、さっぱりしているのにお肌にしっとりなじむとか、伸びがよくてもっちり感もある、などの口コミからは、サントリーエファージュがいかにもシニアが喜びそうな化粧品であることがうかがえます。
サントリーエファージュで特徴的なのは、ラビス酵母という酵母エキスが配合されていることです。荒れた肌の修復力や保湿力に優れ、紫外線ダメージに対しても強みを発揮するという、サントリーオリジナル酵母です。お肌のアンチエイジングにも役立つ成分で、化粧水や美容液など全アイテムに、ラビス酵母が配合されています。
さらに、サントリーエファージュは、無香料・アレルギーテスト済みで、低刺激な点も口コミで好評です。美容液には、薬用美白美容液もあって、シミ・ソバカスで悩む向きにオススメのアイテムです。

 

副作用は心配無用の模様

 

もちろん、サントリーエファージュを使ったとて、すぐさま美肌効果が得られるわけではありません。口コミをみても、最低でも数ヶ月の、長いスパンでスキンケアを続けることが肝心であることがわかります。たとえば、2週間くらい使ったけれど効果がなかったといった口コミもありますが、短期間の使用で結論を出すのは早すぎるというものでしょう。
酵母が配合された化粧品ということで、サントリーエファージュは合う合わないの差が、くっきりと出てしまいそうです。少し使ってみて(約1週間分のお試しキャンペーンあり)お肌の調子が直感的にでもいいとなったら、無香料などの処方で副作用は心配無用の模様なので、年齢肌の養生をさらに進める価値はあるでしょう。
値段的には、サントリーエファージュは高いという口コミが少なからずあります。アンチエイジング化粧品は、高価格帯が多い傾向があるので仕方ないのかもしれませんが、ラビス酵母などオリジナル成分が豊富に配合されている化粧品をスルーするのは、いかにもおしい態度です。

 

キャンペーンはぜひ

 

口コミに感化され、サントリーエファージュを使ってみようという人は、キャンペーンで販売される、お試しのトライアルキットがオススメです。約7日分が初回限定1300円+税で販売される特別セットで、初めての人にキャンペーンはぜひ利用したい特典です。

サントリー・エファージュの効果

エファージュの特徴というと酵母です。時間と光に負けない酵母ラビスから抽出されたエキスが全てのアイテムに配合されています。サントリーはビールやウィスキーづくりで培われた酵母研究で老化を科学して、美しく年齢を重ねていく研究がされてきました。その中で奇跡の酵母と言われる「ラビス」を見つけ出したのです。スキンケアは全6ステップで、ハリが失われた年齢肌にハリを取り戻します。そのためできればライン使いをした方が効果的です。クレンジングと洗顔料でハリ肌のベース作りをし、ローション、エッセンス、クリーム、光対策クリームでハリ肌に導きます。50代以上になると急激に肌のハリが衰えてきて、諦めかけてくる方も多いでしょう。しかし、奇跡の酵母の力で諦めかけていた肌にハリを取り戻してはいかがでしょうか。

まとめ

年齢を重ねると、スキンケアをしても効果を実感できにくくなってしまいます。そのため、肌のお手入れをしてもハリは戻らないと諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、お手入れを諦めてしまっては肌が衰えるばかりです。いくつになっても肌の調子が良いと嬉しくなりますよね。ハリ不足の年齢肌が気になる方は、エファージュのスキンケアを試してみてはいかがでしょうか。1週間トライアルキットなら、1度に6品を税抜1,300円で試してみることができますよ。

 

購入窓口はこちら⇒→サントリー・エファージュ
※別サイトが別ウインドウで開きます。

 

年齢別に異なるスキンケア

年齢別にかなった方法で

 

生まれた瞬間から長い間には、お肌の状態は刻一刻と変化し続けているので、スキンケア方法もマイナーチェンジしていく必要があります。歳だからとか、肌老化とネガティブにとらえるのでなく、年齢別にかなった方法で、お肌の健康を維持することを考えることが望ましい対処方法です。

 

思春期には

 

小学生くらいまでは、年齢別にセラミドやヒアルロン酸などの美肌成分が豊富なので、顔を洗ったりお風呂に入ったりするだけで十分なくらいです。アトピー体質の人は別として、お肌の健康は意識に上りにくいでしょう。
それが中学生になると状況は一変し、ニキビができ始めたことで、スキンケアに目覚めるケースは多いようです。10代のニキビは、将来的に痕を残さないようにすることが大切であることから、ニキビ対策も含めると、スキンケアはがいして、思春期が始めどきだといえます。
そうかといって、10代では大人並みのこってりしたスキンケアは不必要です。年齢別に、ニキビが悪化しないよう、お肌の清潔を保つことが基本です。ニキビは手で触ったりこすったりせず、必要なら治療薬をつけるなどのケアで、無事に思春期を乗り切りたいものです。
20代になると、年齢別にそろそろ一通りのスキンケアを始める人は多いようです。ビギナーに多いのが、若気の至りでつける加減がうまくいかず失敗することは多々あります。トリセツを参考にしつつ、とにかく慣れることが大切です。

 

エイジングケアに傾斜

 

年齢的に、20代後半から30代の、お肌の曲がり角を迎えるころから、スキンケア用品を変える人は多いようです。肌乾燥でバリア機能が低下していく年代であるだけに、保湿ケアが重要なポイントとなります。
さらに、年齢別では40代あたりから、スキンケアの熱心度が見た目年齢の差となって表れてきやすくなります。お肌のハリやうるおいが、みるみる失われていく現実を突きつけられますが、しまったと後悔することはありません。セラミドやヒアルロン酸を補うなどのエイジングケアは、年齢が上がってからでも始めるに値するスキンケアです。
50代くらいになると、スキンケアはますます、エイジングケアに傾斜するようになります。年齢別では、お肌のターンオーバーが落ちてくるので、週1程度のピーリングがおすすめです。古い角質を取り除き、ターンオーバーを促して、うるおいに必要なセラミドの産生を促すことができます。
ピーリング剤には、市販品もあります。市販品は安全重視で、フルーツ酸など比較的低刺激の成分が配合されています。医療用と比較して、濃度も低く安心できますが、その代わり、効果には限界があります。

 

いつまでも美しく

 

肌老化はじつは、早ければ10代後半から始まりますが、正しいスキンケアをしていれば、とりあえずは安心です。年齢別に応じたスキンケア方法を適切に続けることが、いつまでも美しくあり続けるためのコツとなります。